前へ
次へ

不動産の賃貸では貸主の都合で退去もあり

不動産を所有している人の中には、土地や建物を賃貸として貸し出して商売をしている人も少なからずいます。
その賃貸では個人の居住用の場合と、商売用の用途として貸し出す場合の2つに大きく区分けされます。
いずれにしても借主が気を付けるべきことは契約期間中に家賃の支払いが遅れないようにすること、そして借りている建物を通常の損耗以上に破損したり汚したりしないようにすることです。
そして退去する際には原状回復義務と称して、借りる前の状態へ基本的に戻すことが契約条件となります。
そんな不動産の賃貸ですが、時には借主に何の悪気がなくても貸主の都合で追い出されてしまう場合もあります。
借主の都合でなくて貸主の一方的な都合で追い出されてしまう場合の事例の1つは、貸主の経営者自身が高齢などで経営活動をやってられなくなる場合があります。
次は建物の老朽化が激しいための理由です。
数十年くらい経過した建物では耐震対策の問題もあるので、建物自身を解体せざるを得ない状態へ追い込まれてしまいます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

これに加えて個人所有の一軒家などの自宅を一時的に定期借家している場合などだと、所有者が単身赴任などでどこかで暮らしていて、それが終わって元の家に戻るという理由で追い出されることもあります。
以上の理由はやむを得ぬ事情で借主のほうもある程度理解できますが、他では借主が憤慨するかもしれない理由もいくらか存在します。
それは単に気にいらないから出ていけという理由です。
そして借主を退去させた後に、別の借主を探してきてそこでしっかりと商売をしている事例も多々存在します。
単に気にいらないから出ていけという理由で追い出す事例は個人がプライベートで居住契約している場合は、よほど居住者が日常的に騒いだりなどして近隣住民に迷惑をかけていたりして苦情の多発などがしたことが多分に想像できます。
しかし商売用の場合はそれ以外の本当に単に気に入らないという理由で追い出されることもあります。
その場合の契約解除の書面には単に単刀直入に気に入らないから出ていけとは書いていないので、本当の理由がわからないまま追い出されることになってしまいます。

Page Top